グッズ・持ち物リスト



sunset behind shoes / Genista
登山に必要な持ち物を紹介しています。必ず必要なものから、あったら便利なものまで載せています。

ウェアについては、ウェア コーディネートのページを、ブランドについては、アウトドアブランドページもご覧下さい。

基本の道具

登山靴・トレッキングシューズ
必ず必要です。お店に行って店員さんに相談をして、試着の上で買いましょう。
ザック
お店に行って実際に背負った上で買いましょう。
ザックカバー
ザックの大きさにあったものを選びましょう。


ヘッドランプ
泊まりで行かない場合であっても持っていった方がよいです。電池のもちがよいLEDを選びましょう。
地図
大きな書店に行くと2万5千分の1地図も売ってますが、初心者の方は山と高原地図の方が使いやすいかもしれません。
コンパス
使わなくてもわかるような道でも、訓練を兼ねて積極的に使いましょう。
時計
高度計付きがあれば、今の場所を見当するにも役立ちます。
トイレットペーパー
あったら便利。でもゴミは持ち帰りましょう。
救急セット
何が起こるかわかりませんから念のため。
ソーイングセット
こちらも念のため。
マット
ちょっと腰掛ける際にも活躍します。


ウェア

レインウェア
とりあえず防水性と透湿性を兼ね備えたゴアテックス(GORE-TEX)で作られていれば間違いはないです。
防寒着
フリースが軽くて、濡れてもすぐ乾くのでオススメです。
靴下
登山は足に負担がかかるので靴下は厚めに作らており、疲れを軽減し、怪我を予防してくれます。
帽子
日焼け、熱中症予防に。
手袋
山の上では夏でも朝は寒いです。
スパッツ
雨の時はこれがないと靴の中に雨が入ってきてしまいます。また砂が入ってくるのも防いでくれます。

調理道具

クッキングストーブ
着火装置は壊れやすいので、なくてもいいかも。。その際はライター必須ですが。
燃料
クッキングストーブにあったものを選びましょう。
コッヘル
弁当箱替わりにもなりますよ。
スプーン・フォーク・箸
必需品です。
まな板
事前に切っていければ要りません。
食材・行動食
お好みの料理を考えていきましょう。

キャンプ

テント
私はエアライズ派です。
シュラフ・寝袋
ダウンシュラフが軽くて暖かくてオススメです。
シュラフカバー
防寒に加え、テントの中は結露しますので防水に。
サンダル
テン場では登山靴から開放されたいですよね。

小物

タオル
いっぱい汗かきますからね。
予備電池
ラジオやヘッドライト用に。
携帯電話
緊急事態にも備えて。
ラジオ
天気予報の確認に。
ライター
クッキングストーブ用に持って行きましょう。
カメラ
思い出に。
折りたたみ傘
テン場、登山口までなどあったら便利です。
日焼け止め
夏山は涼しくても日差しは強いですよ。